Maazel Maazel-マーゼルマーゼル公式オンラインショップ
ヴィーガンとSDGsの関連性
−ヴィーガンを選ぶ理由−
1,動物愛護のため
2,環境のため
3,健康のため
4,エシカル(倫理的)な考えから
⇒ ヴィーガンについてはこちらで詳しく紹介しております



− ヴィーガン達成に関係する9項目 −


SDGs1
あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

畜産のために使われる飼料(穀物)を、飢餓に苦しむ人々が食べるための食料に変えることで、貧困で苦しむ人々にも食料が行き渡る活動に貢献できます。

SDGs2
飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、
持続可能な農業を推進する

畜産を減らし肉食を見直す必要があり、栄養失調や飢餓で苦しんでいる人々に食料を供給することにつながる私たちに出来る身近な取組みの一つと言えます。

SDGs3
あらゆる年齢のすべての人の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

プラントベースの食事法に従うことで、健康上でのメリットは多く、健康的な生活を確保することが可能となります。 ※プラントベースとは、動物由来の原材料を配合せず、植物由来の原材料を使用した食品全般のことを言います。

SDGs6
すべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

畜産や養殖のために大量に使われていた水資源・穀物資源の保全につながり、環境負荷が減ることで持続可能な食料生産が実現できます。

SDGs10
国内および国家間の格差を是正する

ヴィーガンという食の選択肢は、様々な食文化や食に対する考えがある方、アレルギーのある方、そうでない方など、皆が同じテーブルを囲って食を楽しむことができます。

SDGs12
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

受注生産や規格外野菜を使用することで、生産サイクルが好循環し、フードロスやゴミの排出を抑えることに貢献することができます。

SDGs13
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る

家畜による環境問題(家畜動物達が出す排泄物よる環境悪化)を重視することで、畜産の需要を抑制し、メタンガスの削減に貢献できます。

SDGs14
海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する

魚介類を摂らないことで多くの海洋生物を絶滅危機から救うことも可能で、海洋生物の需給のバランスを整え、本来あるべき海洋生態系を取り戻す活動につながります。

SDGs15陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、
砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、
ならびに生物多様性損失の阻止を図る

畜産業に使われる広大な陸地を確保するため、アマゾンをはじめ世界中の森林が伐採され続け、地球温暖化が深刻な問題になっています。1食でもヴィーガンを選ぶことで地球温暖化の抑制に繋がる私たちができる身近な取組みの一歩になります。